就職の選考過程と適性検査について


適性検査だけでなく、いくつかのプロセスが就職試験にはあります。

就職活動を成功させるには、適性検査から始まり、書類選考、グループ形式のディスカッション、面接試験などを経ることになります。

人気が集中する企業では何千人、何万人もの就職希望者が採用試験に挑みますので、そんな中で採用に至るためには、適性検査から矛盾のない人物像で居続けることです。

面接や自己アピールでは押しが強く多弁で自分の考えをまずはっきりと言うタイプだったのに、適性検査では聞き手向きと評されたとします。

そのような場合、本当はよく話す人だったのに、適性検査では答えを偽るか不正確なことを言って結果を狂わせた可能性があるわけです。

適性検査とその他の試験の違いがあまりにも大きいと、その時点で不採用になりやすいようです。

企業側からすると、書類や実際の態度と適性検査の結果が合わないと、その人の人となりがまるでわからないためです。

結果的に採用可能性が遠ざかり、就職活動がうまくいかない原因になってしまいます。

適性検査で出た内容と自己アピール、自己分析の内容が食い違っていたら、書類審査の段階で不利になることは明らかなことです。

人気企業の内定を勝ち取る為には、適性検査の結果をチェックし適性検査から面接での自己アピールまでの各過程で一貫性をもったものにしましょう。

適性検査の内容、面接の態度、エントリーシート、それらの整合性を合わせるだけでも内定率を高めることが可能です。

就職支援サイトなどで無料の適性検査も受けることができますので、色々と受けてみると面白いかもしれません。

投稿者 友近由紀子
 
[PR]
|保険何でも相談室|最速カリスマ英語マスター|サプリメント情報局|
|初心者専用株式・FX・先物取引ホットライン|キャッシングローンミニ知識|
|結婚式マナー教室|カードローン地獄!! そんなの関係ない!! |奇跡のjugemダイエット|
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35295884
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック




非常識な転職・就職の極意