中高年の転職のデメリット


転職をする上で、中高年であるという事実は状況を難しくしてしまうことが多いといいます。

希望に沿った転職先を見つめけるため、中高年はどういった取り組みをしていくべきでしょう。

中高年を正社員として採用するという時は、会社は高給でその人を雇うことになってしまいます。

中高年に対しては若い人より高い給料で雇い入れるものだという考え方は、日本人の中に年功序列という考え方が深く根ざしていることに関係しているようです。

従って、それだけの給料を払っても惜しくない人材でないと、中高年を雇い入れることはないのです。

採用すれば会社にどのようなメリットをもたらすことが出来るのか自分をアピールする必要があります。

中高年は判断が硬直化しやすいことも、会社側が中高年を敬遠しがちな理由です。

これまで最前線で頑張ってきた中高年の方は、とかく自身の判断が正しいと思いがちです。

考え方を順応させることができずに会社から浮いた存在になるのではないかと思われないよう、柔軟性のある捉え方ができるよう心がけましょう。

マネージメントができる人材を捜して中高年の求人を出している会社が少なくないということも踏まえておくといいでしょう。

マネージメントとは効率よく人を動かし、臨機応変に指示を出し、その時々に応じて適切なフォローをするなど、プロジェクトを管理する能力のことですので、面接の場などでは意識してアピールすることです。

また、中高年はプライドが高くて若い人たちとの交流がうまくいかないのではないかとも思われています。

転職活動を成功させるには、中高年の場合は特に古い価値観ばかりに固執していないことや未知の環境でも適応できるだろうことを伝えていきましょう。

投稿者 友近由紀子
 
[PR]
|保険何でも相談室|最速カリスマ英語マスター|サプリメント情報局|
|初心者専用株式・FX・先物取引ホットライン|キャッシングローンミニ知識|
|結婚式マナー教室|カードローン地獄!! そんなの関係ない!! |奇跡のjugemダイエット|
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35037249
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック




非常識な転職・就職の極意