仕事探しのポイント


元手がかつかつでは、仕事探しも思うようにはいきません。

面接試験などでは、現地までの移動費を支給するという会社もあります。

面接を受けに行った会社から往復費用が出してもらえたら、経営が軌道に乗っている会社か社員に居心地がいい会社という気がします。

最初から求職者を大事にしてくれる企業なら、無事就職できた後も社員の身になって考えてくれるといえるでしょう。

仕事探しを成功させるには、面接での様子も確認したいポイントです。

会社のシンボル的な位置にもいる面接官が感じが良くない人であったら、その会社に入るのは考えものかもしれません。

面接で会った相手の印象があまりにも悪いなら、無理にその会社に勤める必要はありません。

仕事探しで場数をこなしていけば、いずれ一度の面接でどんな会社かが推測できるようになりそうです。

履歴書は個人情報のかたまりですので、何らかの理由で合格されなかったという時は、履歴書を手元に戻すように会社に頼むといいでしょう。

顔写真付きなら尚更必要です。

個人情報の流失が騒がれる昨今、万が一悪用されてしまったら大変です。

履歴書を送付する時にあらかじめ返信用の封筒をつけたり、どう考えても採用されなさそうだと思ったらその時点で履歴書の返却を求めることもできます。

時には、自分がこの会社を選択してやったんだ、というほどの気概がなければ会社に威圧されてしまうこともありますし、会社に迎合しているだけでは仕事探しはうまくいきません。

遠慮しすぎず、この先納得して働ける職場を求めて仕事探しをしましょう。

投稿者 友近由紀子
 
[PR]
|保険何でも相談室|最速カリスマ英語マスター|サプリメント情報局|
|初心者専用株式・FX・先物取引ホットライン|キャッシングローンミニ知識|
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34516939
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック




非常識な転職・就職の極意