転職の面接で自己PRをする


自己PRを駆使して採用試験の面接をこなすことで、転職活動をスムーズに進めることができるでしょう。

面接は、短い時間の中で色々な情報が行き交う場です。

担当者は、目の前の人物を採用することで会社の益になるかどうかを見極めるために、話し方や姿勢、服装など、様々な点を見ています。

転職活動の面接で新卒と異なる点は、転職活動を始めた動機、どうして新しい職場を求めているのかを聞かれることが多いので、準備をしておきましょう。

これまでの経験や実績、習得したスキルなども質問されるでしょう。

全部をこと細かく話すとなると長くなってしまうので、簡潔に自己PRできるよう、事前にまとめておくことが必要です。

面接では、与えられた時間内での自由な自己PRを求められることもあります。

抽象的な言い回しでの気持ちや意気込みを言い連ねても、面接担当者に対する自己PRにはならないでしょう。

一度きりの面接の場で、相手に自分を効果的にアピールするためには、どんな自己PRがいいか考えておかなければなりません。

面接の場では、定まった時間内で自己アピールをすることを求められるというパターンがあります。

決して時間は長くなく3〜5分程度が多いようです。

転職ともなればこれまでの経験を長々と話しアピールする方法もありますが、よい印象を持ってもらえないかも知れません。

採用する側も、決められた時間内でポイントを押さえた自己PRができるかどうかという点も見ているはずです。

面接でどのような事を質問されても対応できるように、自己PRの要点をまとめておく事をおすすめします。

投稿者 友近由紀子
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/31277581
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック




非常識な転職・就職の極意