就職作文を書くときの注意点


どんなポイントに留意をして、就職試験用の作文とは書くものでしょうか。

例え将来展望や入社後したいことがテーマでも、初めての給料で買いたいものや、旅行をしたいといった個人的な欲求や自己中心的なことは書かないようにしてください。

就職作文を希望者に課する会社の狙いがわかっていないと、決定的な失敗に繋がることもあります。

この他、就職作文に限らず文章を作成する時には、誰が読んでも意味の通る文章を心がけましょう。

とはいえ、わかりやすい文章、という言い方そのものが茫漠としていると感じる方もいるようです。

しかし、要は難しい表現を使わない、不親切な表現を使わない、知ったかぶりをしないという基本的な事ばかりです。

人間誰しも、つい自分の得意な事になると、さも知っていますと言わんばかりに専門用語や難解な表現を用いて書きたくなるものです。

しかしそんな就職作文は採用担当者である読み手を退屈させるばかりか、下手をすると読んでもらえない可能性も少なくありません。

読みやすさ、理解しやすさを意識して、簡単な言葉遣いで文章を書くようにしてください。

簡単な言葉ばかりだと幼稚で言葉を知らないと思われると心配する必要はありません。

作文では、読みやすすぎるくらいの方が、読む人の身になって書いていると判断してもらえます。

相手を思いやるスタンスを示すことで、就職後も人間関係や取引相手を大事にできるという人物像を示せるのです。

投稿者 友近由紀子
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/31135404
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック




非常識な転職・就職の極意