転職の計画について


転職の計画について紹介したいと思います。

転職をする場合にはいろいろと計画を立てるということは大切なことです。

転職の際にはどのように計画を立てればいいのかというと、まずは就業規則を確認してみましょう。

転職活動をする場合には、まずは今いる会社の就業規則を調べてみましょう。

就業規則を見れば退職にかかわる規則も掲載されていますから転職活動の計画を立てる場合には、とても役に立つと思います。

退職願を出して、退職に至る日数を調べることは転職をする際にはとても役に立つのではないでしょうか。

転職の際には今いる会社の退職の期間のからみも発生してきますから意外と大変なのです。

法律では就業規則に関係なく、退職の意思を伝えてから2週間後にやめることができると決められていますが、転職をスムーズに進めて円満退職をするためには、出来ればもっと前から引き継ぎなどもきちんと行って円満に退職できた方がいいのではないでしょうか。

転職先の目星が大体決まってきて、退職を決めたら、上司にはすぐに相談する方がいいですね。

転職活動をするにあたっても直属の上司に話をしておいた方がスムーズに動けると思います。

退職の日程は会社の就業規則を見て決めて、あなたの業務を引き継いで上司が納得いくような日を選ぶといいでしょう。

そして転職の計画の時間ですが、在職しているときに転職活動をするというのはなかなか難しいものですよね。

失業中の転職ならまだしも、在職中の転職活動というのは難しいものです。

投稿者 友近由紀子
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30069720
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック




非常識な転職・就職の極意