パート社員という女性の仕事


育児や新婚生活の傍らに女性が行う仕事の筆頭に、在宅ワークがあります。

在宅ワークの継続期間はそれほど長くはなく、5年も経つと半分以上の女性が在宅ワークを辞める傾向もあるようです。

まとまった収入を得るには、在宅ワークは適していないようです。

パートやアルバイトなど外の仕事の方が効率がいいことが多いので、育児に時間がかからなくなってきた頃から外で働く女性が増えています。

仕事をする日や労働時間は、パートで働くとさほど長時間でなくてもいい会社がほとんどです。

子どもが小学生ぐらいのうちは、子どもが学校から帰ってくるまでの間で出来る仕事をする女性が多く、パート社員は小さい子供のいる女性にとって、働きやすい雇用形態となっています。

仕事でパートを選択したならば、心がけておきたいことがいくつかあります。

多くの人は、既婚女性がパートの仕事などで家計を助けたいという場合、あまり稼ぎすぎない方がいいという話を聞いたことがあるでしょう。

扶養控除や所得税、住民税などは、扶養されている女性が仕事で稼いでいる金額によって変化があり、金額によっては稼ぎすぎて損になることもあります。

また、年収が高く扶養控除から外れてしまうと自分で健康保険に加入する義務が生じるため、一年間の収入をどの程度に留めるべきかを意識する女性は少なくありません。

いくらくらいのお金が生活に必要になるかは、今後の見落としや配偶者の収入にも左右されます。

女性がパートで仕事をする時には、税金や保険のことも考え、どうすれば最も望ましいかを考えましょう。

投稿者 友近由紀子
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29669315
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック




非常識な転職・就職の極意