課題の多い医療従事者の転職活動


日本の医療機関では専門職を規定の人数で配置しなければ診療報酬を得ることができない。

このために転職を希望しているのにもかかわらず、人員を削減しないようにする為になかなか退職できないという問題も多々あるようである。

しかし医療機関側の問題だけとは限らず、問題は医療従事者側にあることも無いとはいえない。

医療現場に適応できず心の不調や職場でのトラブルを引き起こす医療従事者も少なからずみられる。

スムーズな転職活動を進める上で、どのような職場環境が自分にとって良いものなのか十分に見つめ直すことは大切なことだといえる。

最近問題視されているのが、超過勤務、人員不足による、医師またはその他医療従事者の不足である。

一刻も早い対応が望まれるのは、どの地域にも、どんな医療機関にもバランスよく、信頼のおける医療従事者が配置され続けることである。

たくさんの表面化されない問題としては、退職者をできるだけ出そうとしない医療機関、トラブルと転職を繰り返す医療従事者などがあげられる。

医療従事者の転職機会は他業種に比べ高いといえる。

しかし反対に課題となる部分も多いともいえる。

転職活動が自分自身を見つめなおす良い機会となるだけでないのである。

これは仕事を良い職場環境でしたいと考える転職活動ならなおさらである。

専門のキャリアカウンセラーなどを上手に利用して、無事に転職活動を乗り切っていただきたい。

投稿者 押切 もえ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/26441071
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック




非常識な転職・就職の極意