就職活動とコミュニケーション


就職活動とコミュニケーションについて紹介したいと思います。

就職活動中に必要なスキルや技術というのは色々とありますが一番大切なのはコミュニケーションだといわれていますがご存知でしょうか?

大手の企業などでも90パーセントの企業がコミュニケーション能力を重視しているといわれています。

面接などの選考の際に一番重視しているのがコミュニケーション能力といわれていますが、選考試験に通るか通らないか、就職できるか就職できないかはコミュニケーション能力にかかっているといってもいいということになりますね。

コミュニケーション能力とはでは具体的にはどんなことなのかというと、上手に話ができるとか、ひとの話をしっかり聞くことができるということだけではりません。

就職の際に必要になってくるコミュニケーション能力としては読み書きも含まれて情報をいかに伝達するスキルが身についているのか、ひとの表情や行動、しぐさからその人の感情や今肝上げていることを読み取って表現するという力をすべてひっくるめてコミュニケーション能力と読んでいるのです。

コミュニケーション能力がついているのか見極めるために就職の際にはエントリーシートがあったり面接があったりしているわけなのです。

具体的に、質問されたことを理解してそれに対していちんと話ができるのか、話して書くという力が身についているのか、それを就職の採用試験ではチェックしています。

企業はいかにその人にコミュニケーション能力が備わっているのかをチェックしているわけですがやはり企業側としても就職してからすぐに仕事に慣れてもらうためには最低限のコミュニケーション能力が必要であると考えていますし、コミュニケーション能力が優れていればお得先へいっても頑張って仕事ができるとも考えているからです。

もしも就職活動をしていて自分にはコミュニケーション能力が足りない、苦手であると思った場合には、あきらめずに、苦手だからあきらめるのではなくてコミュニケーション能力を上げることを考えましょう。

大学の就職講座などではコミュニケーションスキルアップ講座を開講しているところもありますし、就職応援サイトなどでも、コミュニケーションスキルをアップさせるためのノウハウを教えてくれているところもあります。

ですから自分でコミュニケーション能力をアップさせるために色々と方法を考えて本番に臨まなければいけないのではないでしょうか。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/25060022
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック




非常識な転職・就職の極意