在宅ワークのデメリット


在宅ワークのデメリットを注視せず、在宅ワークのメリットばかりに目を奪われてはいけません。
大きく稼げる可能性のある仕事も確かに一部分の在宅ワークには存在します。
けれど結果が出なければ収入ゼロも確実にありえるという、在宅ワークのデメリットをしっかりと知識の中に入れておかなければならないのではないでしょうか。
在宅ワークをもっと掘り下げていけば、納期を厳守するなど、自己コントロールができる必要があります。
在宅ワークでは経費を自分で負担するというデメリットもあります。
会社に勤めていれば当たり前に支給されていたパソコン、ファックス、名刺、電話、資料調達などの経費もすべて自分もちになるのです。
在宅ワークは、成果が重要視されます。
仕事の依頼があったら、在宅ワークの場合納品は期日厳守が大原則になります。
自分の空いた時間を使って仕事をしようと思っていても予定が入ってくればなかなかできません。
締め切りまでに依頼物をこなすペース配分が必要なのです。
ライフスタイルを犠牲にしてでも納期を守るようにするべきでしょう。
もうひとつのデメリットとして在宅ワークは収入が不安定であるということがあげられます。
ある期間仕事が多い時があったり、とても少ない期間があったりします。
これは仕事を発注する企業側の都合なので仕方のないことです。
この不安定な部分が在宅ワークの大変な一面です。
でもこれをデメリットと取るかどうかは自分の考え方によるのではないでしょうか。

就職戦線異常有り職業選択の自由についての一考察のTOPへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/15865858
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック




非常識な転職・就職の極意