損害保険会社の事務資格


損害保険会社の事務仕事につくために必要な資格は、まず損害保険募集人資格です。
この資格は損害保険業務の最も基本的な部分についての資格で、専門性が高くなると資格の種類もグレードアップします。
たとえ資格をもっていなかったとしても損害保険会社の事務の仕事をすることはできます。
ただし即戦力が欲しい損保会社などは、採用条件に資格を必要としていることろが多いようです。
保険業法第276条に定められていることがあります。
それは損害保険の募集を行うには資格が必須ということです。
そういうわけで、資格がないままに損害保険会社の事務として採用された場合、会社の意向に従って資格試験を受験することになるでしょう。
以前は損害保険会社の事務の資格そのものは各社共通でした。
損保協会が資格について取り仕切っていたからです。
ですが各社ごとの商品が大きく異なってきたため、現在は損害保険募集人資格以外は会社独自で資格試験を行っています。
事務の資格試験を損害保険会社で行う場合、試験自体そんなに難しいものではありません。
保管会社から送られてくるテキストを一読しただけで、実際に損保事務の仕事をしている人ならば合格点が取れるくらいのものでしょう。
かつては一度資格を取得すればずっとそのまま有効な資格であったのが損害保険募集人資格です。
現在は5年ごとの更新制になっています。
更新試験を5年毎に繰り返し受験しなければならなくなったのです。

就職戦線異常有り職業選択の自由についての一考察のTOPへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/14982029
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック




非常識な転職・就職の極意